マミーズ・ネットが提供する講座・ワークショップの例

以下のような講座やワークショップ講師派遣を、子育て中の人、子育て支援をする人(ひろばスタッフ、教職員、保育士など)、企業等で働く人、父親、中高生、小学生 などを対象に、目的に応じて行っています。
この他にも目的や対象者に応じての講座等を行っています。内容・金額等は、ご相談ください。

 

1.企業や団体内で行う子育て支援講座(父親向け子育て支援の講座)

現代の子育てについての知識や、子どもとの関わり方の実践を通して、子育てしやすい環境づくりをめざします。このような講座に参加しにくい企業等に勤務する男性・女性に向けて、ワークショップを社内で行います。
安定した家庭づくりにもなり、社員の勤労意欲の高水準維持にもつながります。

詳しくはこちらをご覧ください
 → 企業や団体内で行う子育て支援講座(父親向け子育て支援の講座)

【キーワード】

子育て、男女共同参画、ワークライフバランス、企業の子育て支援、父親向けの子育て支援

2.コミュニケーション力やチームワークなどをテーマにしたワークショップまたは講演

コミュニケーション力を高めるには?参加者が楽しみながら体験的に学びます。親子、家族間はもちろん、職場での人間関係にも有効な内容です。

【キーワード】

コミュニケーション、チームワーク、親子、夫婦、家族、ママ友、職場

3.プレイバックシアターの手法を用いた即興劇によるワークショップ

アメリカで考案されたプレイバックシアター(即興劇)によって参加者の日常の様々な思いを再現します。
参加者同士の共感を呼び、楽しみながらも客観的に眺めることで、見る人それぞれの心に、大切なものは何なのかが残ります。開催目的により、テーマの選択が可能です。

【キーワード】

共感、子育ての負担感の軽減、悩みの軽減、子育て、男女共同参画

4.「ゲキ白!子育て」の上演と、話し合いによるワークショップ

子育て中の3家族の女性(核家族で専業主婦の女性、働きながら子育てする女性、4世代同居の大家族で子育てする女性)の思いを劇にして演じます。劇を見た後のグループトークでは、自然に話がはずみます。

【キーワード】

子育て、男女共同参画、共感

5.子育て支援者向けワークショップまたは講演

子育て支援の現場で考えてほしいことは?子育て中の人のニーズを反映した望まれる支援について考えます。
地域子育て支援拠点事業従事者のための研修や、地域で活躍する子育てボランティアの養成などを行っています。

【キーワード】

地域子育て支援拠点、子育て支援、当事者の力を引き出す支援、ひろばスタッフ研修、保育ボランティア研修

6.自己肯定感を高めるワークショップと講演

日本の子どもたちの自己肯定感が低いことが問題視されています。自己肯定感の高い、心が丈夫な子どもを育てるには親はどうしたらいいのでしょう?しつけのヒントにもなる内容です。
小学校、幼稚園、保育園などでの実績が多数あります。明橋大二氏が公認した子育てハッピーアドバイザーもおります。
「いろんなかぞく いろんなおうち」の絵本をつかった、のびのびと自分らしく生きるためのワークショップも行っています。

【キーワード】

自己肯定感、自己尊重感、男女共同参画、PTA講演会、子育てハッピーアドバイザー

7.ノーバディズ・パーフェクト講座

カナダ政府が作成した親支援プログラムです。認定ファシリテーターが8名います。
親たちの話し合いのなかで、自ら問題解決をしていく力がつきます。また子育て仲間が地域にできることにつながります。

【キーワード】

子育て不安、母子の孤立解消、問題解決、育児技術の伝承、地域の仲間作り